お問い合わせ

011-851-9285

tel

COMPANY会社概要

会社概要

  • 商号

    玉造株式会社
  • 創業

    1964年3月、玉造鋼業株式会社北海道支店開設(苫小牧)
  • 創立

    1972年2月、北海道玉造鋼業株式会社設立(玉造鋼業㈱北海道支店を発展解消し、権利義務を継承した)
    1989年2月1日社名を玉造株式会社に改名
  • 資本金

    7,000万円
  • 役員

    代表取締役社長
    西村孝治
    取締役副社長
    青木重二
    取締役常務総務部本部統括
    畑中臣斌
    取締役鉄鋼事業部統括
    柴田美津子
    常勤監査役
    和田幸久
  • 取引銀行

    ●北洋銀行 本店営業部 ●北海道信用金庫 福住支店
    ●北洋銀行 月寒中央支店 ●日本政策金融公庫札幌支店
  • 事業内容

    ●鉄鋼素材及び二次加工品の売買 
    ●冷間圧延成形加工及びシャー切断加工
    ●石炭・石油製品の売買 
    ●土木建築工事並びにこれに附帯する一切の工事
    ●上記に附帯する一切の業務 
    ●化学製品の研究開発
  • 特許

    登録番号 特許第3954817号 / 名称 切断設備 (ロスナイ・ファクトリー・システム)
  • 許可

    <建設業許可>

    北海道知事許可(般-28)石 第08187号

    ・土木工事業 ・建築工事業 ・とび・土工工事業 
    ・石工事業 ・電気工事業 ・鋼構造物工事業
    ・舗装工事業 ・しゅん設工事業 ・水道施設工事業 ・溶接H

    <溶接H形鋼製作工場認定>

    日本鉄骨評価センター 溶接H形鋼製作工場認定基準取得 BA12-AA17017

    <国際標準化機構規格>

    ISO9001:2015 本社・恵庭工場・釧路工場 PJR登録証番号 C2018-04650

会社概要

  • 1946年2月庄村工作所創業
  • 1949年10月玉造鋼業株式会社設立
  • 1964年3月北海道支店営業開始
  • 1965年7月苫小牧工場リップみぞ形鋼日本工業規格
  • 1965年9月表示許可工場に指定
  • 1966年11月恵庭工場完成
    玉造鋼業株式会社庄村ビル完成(札幌)
    北海道支店を札幌に移す
  • 1969年8月釧路工場完成
  • 1972年2月北海道玉造鋼業株式会社に改名
    資本金1,000万円
  • 1973年8月資本金1,800万円に増資
  • 1974年11月苫小牧工場工業標準化実施優良工場として札幌通商産業局長賞を受賞
  • 1974年12月資本金4,000万円に増資
  • 1978年7月日本銀行商業手形再割適格企業の資格を取得
  • 1979年10月資本金7,000万円に増資
    統計調査功労者通産大臣表彰、調査統計部長表彰受賞
  • 1980年7月北海道労働基準局長より安全衛生実施
    優良工場として優良賞受賞
  • 1983年12月土木事業部新設。㈱常磐ボーリングと技術提携、小中口径管推進工法(SH工法)導入、土木工事部門に進出
  • 1984年7月北海道労働基準局長より安全衛生実施
    優良工場として優良賞受賞
    工業標準化実施優良工場として通商産業省工業技術院長表彰を受賞
  • 1989年2月社名を玉造株式会社に改名
  • 1992年8月プラズマ搭載NC溶断機増設、㈱横河技術情報のキャスター導入、橋梁材のフロッピー受注、マーキングから精密溶断の一貫生産体制を確立
  • 1994年10月橋梁材下地塗装のNC剥離装置を導入
  • 1995年11月3kwレーザシステムを導入
  • 1995年12月北海道労働基準局長より恵庭工場、快適職場推進計画認定を受ける
    (認定証番号 第35号)
  • 1997年2月6kwレーザシステム3台、NC500Aプラズマ切断機1台を導入した恵庭自動化工場(第4工場)完成
  • 2000年12月本社、恵庭工場にてISO9002を認証取得する
  • 2002年11月ロスナイ・ファクトリー・システム(第5工場)完成。切断機の高稼働率、「ムリ・ムラ・ムダ」の排除、小物部材・製品への対応、作業の高い安全性を確保した業界初の新生産方式工場
  • 2003年8月本社、恵庭工場、釧路工場にてISO9001を認証取得する
  • 2005年6月ロスナイ・ファクトリー・システム、日本溶接協会技術賞本賞受賞
  • 2007年5月ロスナイ・ファクトリー・システム(第5工場)
    切断設備、特許取得(特許第3954817号)
  • 2007年9月第4工場の切断機を4kwレーザー切断機4台にリプレース
  • 2012年12月日本鉄骨評価センターによる溶接H形鋼製作工場認定基準取得
  • 2017年11月釧路工場へ4kwレーザー切断機を導入
  • 2017年12月BHラインを長沼工場より恵庭工場へ移転集約。恵庭工場溶接H形鋼製作ライン完成(BH課)
  • 2018年12月6kwファイバーレーザー切断機導入

有資格者

  • 第一種電気工事士1名
  • 第二種電気工事士1名
  • アセチレン溶接士4名
  • ガス溶接技能講習67名
  • クレーン運転士25名
  • 移動式クレーン運転士10名
  • 小型移動式クレーン運転技能講習12名
  • クレーン特別教育9名
  • 玉掛技能講習修了者50名
  • WES8103溶接管理技術者1級1名
  • WES8103溶接管理技術者2級4名
  • JISZ3841半自動溶接 SA-2F4名
  • JISZ3841半自動溶接 SA-2V2名
  • JISZ3841半自動溶接 SA-3F2名
  • JISZ3801アーク溶接 A-2F1名
  • スタッド溶接技術(A級)2名
  • アーク溶接特別安全衛生教育12名
  • プレス作業主任者5名
  • 有機溶剤作業主任者技能講習3名
  • 有機溶剤作業主任者技能講習3名
  • 危険物取扱主任者(乙4種)2名
  • 危険物取扱主任者(丙種)5名
  • ボイラー技士(2級)2名
  • 第1種酸素欠乏危険作業主任者10名
  • 低圧電気取扱者3名
  • 1級土木施工管理技士1名
  • 2級土木施工管理技士4名
  • 2級建築施工管理技士1名
  • 2級建築施工管理技士(軀体)2名
  • 推進工事技士1名
  • 大型免許9名
  • フォークリフト運転士3名
  • 大型特殊免許5名
  • けん引免許1名
  • 職長教育12名
  • 工業標準化品質管理推進責任者講習3名
  • 衛生管理者(第1種) 4名
  • 公害防止管理者(粉塵)5名
  • 公害防止管理者(騒音)3名
  • 建築鉄骨製品検査技術者1名
  • 鉄骨製作管理技術者4名
  • 超音波探傷試験レベル11名

事業所

  • 本社
  • 〒062-0042 札幌市豊平区福住2条1丁目4番1号
    TEL:㈹011-851-9285 / FAX:011-851-8378
  • 恵庭工場
  • 〒061-1434 恵庭市柏陽町3丁目215番地
    TEL:㈹0123-32-2275 / FAX:0123-32-2276
  • 釧路工場
  • 〒084-0915 釧路市大楽毛南1丁目2番62号
    TEL:㈹0154-57-8711 / FAX:0154-57-4021

工場概要

  • 恵庭工場
  • 敷地19,550.32㎡
  • 第一工場1,965.00㎡
  • 第二工場2,388.37㎡
  • 第三工場626.66㎡
  • 第四工場(自動化工場)1,855.30㎡
  • 第五工場 (ロスナイ・ファクトリー)1,614.00㎡
  • 工場延べ面積 8,449.33㎡
  • 釧路工場
  • 敷地12,405.00㎡
  • 工場2,430.79㎡
PAGE TOP